FC2ブログ
"茶(てぃ~)もんHP"の管理人もんどの日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリパ 第1話
2009年09月01日 (火) | 編集 |
政治ネタばっかし――だと、気が滅入って

「兄ちゃん、なんでホタルすぐ死んでしまうん?」
――とか、力なく呟いて息を引き取りそうなので

いよいよ、今月18日に発売が迫った
Pincess Party Camelia」のキャンペーンをいたしませう!

ちなみに、プリパニュースも更新されてたんで
そちらの方も、チェックよろしくです。




私のブログでは、なにをするかというと――

前作の「Princess Party」のシナリオを完全転載!
――とかしたら、間違いなく Circus様から訴えられるので

ネタばれにならん程度のプレイ日記。
おまけに、ラクガキとか描いちゃおう的な展開を考えてます。


さっそくプレイ開始。
――ポチッとな。(ボヤキーかい!)

オープニングからハイテンション!
――と思いきや

始まりは、「どこの戦争映画だよ!」的なノリ。
オープニング明けも、結構、静かな展開である――

――が。
これが嵐の前の静けさ――というやつで

プリパニュースでお馴染み霜山椿センセの出現で
物語の温度は一気に変わる。

第一声がいきなり理解不能で
酔っぱらって登場するあたりが実にセンセらしい。

このセンセとの意味不明の展開は
後の、鬼咲ゆかり嬢 & 坂上沙夜嬢の初登場シーンで
大きなフリとなって効いてくる。

噛めば噛むほど、まいう~状態。


プリパは、1話完結モノの構成となっており
全4258話あるが (――ンなわけあるかい!)

第1話は、鬼咲ゆかりのターンと言ってよい。

彼女は、鬼咲組というJM――
いわゆる、ジャパニーズ・マフィアの1人娘で
(JKみたいな略し方、すんな!)

任侠ヘ●パーならぬ、極道生徒会長である。

仕事に厳しく、筋の通らないことは大嫌い。
ときに、四次元ポケット的に長ドスが出現することもある。

しかし、ホントは学園や皆のことを真摯に思いやる
心優しい生徒会長――

いわゆる、ツナマヨキャラです。
(ツンデレな)

最初、とんでもない勘違いから
かなり手厳しい仕打ちを受けることになるが

徐々に親密になっていく彼女との交流は
なかなかニンマリものである。


ところで、このプリパのメインヒロインであるところの
白鳳院綾香嬢は、どうしておるのかというと――

第1話では、最後の最後の方まで出番が無い。

しかし、そのラストでメインヒロインの名に相応しい
ド派手な登場の仕方をしてくれるので、ご安心を。

メインヒロインというか――
悪の秘密結社のようだ、という意見もあるが…


以上、プリパ第1話感想でした。


おまけ。

プリパ落書き
「伝家の宝刀――長ドス」

PPC-Onisaki

こんなシーン無いけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。